機関投資家向けカストディ・サービス

Select Language

ログイン

弊社は米国において30年以上にわたる業務実績を有し、カストディ、オフショアファンド管理、セキュリティーズレンディングの各分野におけるマーケットリーダーとして、お客さまに良質なサービスをご提供しています。

弊社では、ファンド管理およびカストディにおいては、最適且つ先進的なサービスをご用意するとともに、セキュリティーズレンディングを通じて投資利益率を高めるなど、グローバルに投資するお客様に、質の高いサービスをご提供致します。

弊社は機関投資家の皆様の多様なニーズにきめ細かくお応えし、急速に進むグローバリゼーションと市場の需要の変化のなかで、常にサービスの向上に努めております。グローバルでダイナミックな今日の投資環境の中でお客様が成功を収めるために欠かせないソリューションをご提供致します。

豊富な業務経験を有するバイリンガルのスタッフを配し、お客様のお求めに応じて、日本語と英語のいずれでも対応することが可能です。

InstitutionalCustody-2

コンプライアンスとリスク管理の徹底

弊社は全社を挙げてコンプライアンスに取り組んでおります。米国の法律や規則が常に変化し、テロリズム対策における金融機関の役割がより一層複雑になっていくなかで、弊社では法務・コンプライアンスの専門スタッフからなるチームを設置し、米国の法制度に対処しています。弊社におけるコンプライアンス体制の柱となっているのは、独自に開発された銀行全体のコンプライアンス・プログラムです。このプログラムには、全従業員への定期的なコンプライアンス研修の実施などが含まれています。

また、エンタープライズ・リスク・マネジメント(ERM)と呼ばれるアプローチを採用することによって、次に挙げるような優れた企業文化を目指しています。

  • リスクの適正な把握・管理に必要な組織体制、システムならびにリスクを効果的に軽減するためのインフラ
  • 包括的なコーポレートガバナンスに必要な方針・手順、およびオペレーショナルリスクや財務リスクに対する予防的かつ総合的なアプローチ
  • 組織横断的なリスクの評価・報告体制の確立
  • トップダウンおよびボトムアップによるリスク軽減アプローチ
  • 方針策定、モニタリング手法、レポーティング・システムなどの効果的なリスク管理手法に基づく内部統制の枠組み

機関投資家向けカストディ・サービスは、米国みずほ信託銀行がご提供します。米国みずほ信託銀行はニューヨーク州で設立を許可された連邦預金保険公社加盟銀行(連邦準備制度非加盟銀行)です。